査定評価のポイント

無料査定は
こちらからこちらをClick!

ご来店無料査定予約

088-622-8889

〒770-8053
徳島県徳島市沖浜東1-16-3

  • HOME > 
  • 査定評価のポイント

不動産売却の査定評価について

査定依頼は、後悔しない不動産売却のための第一歩。最初の一歩でつまずくことがないように、査定評価の流れやコツを知っておきましょう。徳島の不動産会社「株式会社 日宅ホーム」が物件査定の基本やおさえておきたいポイントをご紹介します。

当社では、不動産無料査定のご依頼をうけたまわっております。不動産を売りたい方はもちろん、これから売却を検討するという方もお気軽にご相談ください。

不動産査定の依頼から報告までの流れ

【STEP 1】必要な情報の整理
スムーズに査定を進めるために、前もって必要な情報を整理しておきましょう。物件に関する以下の項目、さらに質問したいことなどをまとめておくと、査定依頼がスムーズになります。
  • 住所(住居表示がなければ地番でも可)
  • 名義人
  • 種類(更地・一戸建て・駐車場・マンションなど)
  • 現在の状況(居住中・賃貸中・空き家など)
  • 敷地面積
【STEP 2】不動産業者を選んで、査定を依頼
慎重に不動産業者を選び、査定を依頼します。依頼時に、「STEP1」でまとめておいた情報を伝えます。
【STEP 3】不動産業者による査定
業者が査定額を算出します。査定では不動産や周辺状況を確認し、物件情報・地域の取引状況などを分析します。近隣・家族などに査定依頼を内緒にしたい場合は、配慮して調査することも可能です。事前に担当者へ相談しておきましょう。
【STEP 4】結果報告
業者がお客様に査定結果を報告します。報告内容に不明点・気になる点があれば、担当者に説明を求め、疑問が残らないようにしておきましょう。

このあと、結果報告を受けて売却するかどうかを検討します。「査定を依頼したら、かならずその業者に売却を依頼しなければならない」とお思いの方も多いようですが、そんなことはありません。査定結果はあくまでも検討・判断のための材料です。じっくり検討して、本当に納得できたら正式に売却を依頼しましょう。

ちょっとした工夫で評価が変わる?「査定評価の豆知識」

立地、大きさ、周辺環境といった物件の条件は、簡単に変えることができません。そのため、「どうやって査定を依頼しても、結果は同じ」と思っていませんか? しかし、実はそうでもないのです。

評価を「下げるポイント」と「高くするコツ」を知っているだけで、評価が変わる可能性は十分にあります。査定を依頼する前に、以下の点をチェックしてみましょう。可能な範囲で対応しておけば、査定評価が良くなるかもしれません。

周辺環境が変わる予定はありませんか?

周辺環境が変わる予定はありませんか?

近くに病院や学校がある、静かで住みやすい、交通の便が良いなど。物件の周辺環境は査定額を大きく左右する要素の一つです。こういった周辺環境を自分で変えることは難しいですが、都市計画などが進められている地域なら「将来的に変わる」可能性があります。

自治体などに都市開発の予定を問い合わせ、もし計画があるようなら査定・売却のタイミングも含めて検討すると良いでしょう。

更地は残存物・埋没物をチェック

更地は残存物・埋没物をチェック

空き地・更地の売却では、残存物・埋没物を撤去することで査定評価を上げられる可能性があります。また、古い建物がある場合は、解体・撤去した方が評価を上げられる場合も。査定の前に解体・撤去費用を調べ、「解体する場合」と「そのまま売る場合」のメリットをくらべてみましょう。

意外とシンプルなコツ「掃除」

意外とシンプルなコツ「掃除」

査定評価にはある程度の基準があります。しかし、最終的に評価を下すのは「人」ですから、物件の「キレイさ」は意外と重要なポイントになります。大掛かりな清掃を行う必要はありませんが、たとえばこまごまとした生活雑貨を収納する、ホコリや汚れを落としておく、窓を拭いておくといった工夫だけでも、評価が良くなる可能性はあります。家の外観も見られるポイントですので、インテリアだけでなくエクステリアも整えておきましょう。

また、水廻りは特に汚れが気になりやすい場所です。キッチンシンクや洗面台のカビ・水垢などは、入念に掃除しておきましょう。

ニオイを入念にチェック

ニオイを入念にチェック

不動産の清潔感に大きく影響するのがニオイです。生活臭やペット臭、タバコ臭などは普段の生活で気にならないことも多いため、査定の前にしっかりとチェックしておきましょう。ニオイがとても強い場合には、専門業者に清掃を頼むのも一つの方法です。

担当者への対応は誠実に

担当者への対応は誠実に

先に申し上げた通り、査定を行うのは不動産会社の担当者、つまり「人」です。査定で見られているのは「家」や「土地」などの不動産ですが、そこにはやはり「人と人」の関係があります。実際に売却取引を進めることになれば、その関係はこの先も続いていくもの。最初のステップである査定依頼から、誠実な対応を心がけましょう。お互いに気持ちよく査定を進めることが、評価のプラスにつながる可能性も十分にあります。