空き家・空き地管理の必要性・メリット

無料査定は
こちらからこちらをClick!

ご来店無料査定予約

088-622-8889

〒770-8053
徳島県徳島市沖浜東1-16-3

  • HOME > 
  • 空き家・空き地管理の必要性・メリット

なぜ必要? 税金は? 空き家・空き地管理の基礎知識

使っていない土地・建物など、いわゆる空き地・空き家を放っておくと、管理や税金面のリスクが伴います。こちらでは、空き地・空き家管理の必要性やメリットをご紹介しておりますので、使用予定のない土地・建物でお困りの方は、ぜひご覧ください。

徳島の「株式会社 日宅ホーム」は地元をよく知る地域密着型の不動産会社です。売却・管理はもちろん、活用のご相談もうけたまわっておりますので、お気軽にお問い合わせください。

空き家・空き地が増えている原因とは?

空き家・空き地が増えている原因とは?

空き家が増加している大きな原因として挙げられるのは「核家族の増加」です。結婚後は独立して新しい家を構える家庭が増え、実家を相続しても住まないケースが多くなっています。「住まないから処分を」となれば空き家にはならないのですが、処分には費用や手間がかかります。また、更地にすると固定資産税の負担も大きくなるため、そのまま放置して空き家に……というケースが増えています。

また、土地だけを相続した場合でも、その運用や売却にかかる手間・費用などを惜しんで放置されるケースが多く、全国的な空き地増加の原因となっています。

管理されていない空き家・空き地のリスク

管理されていない空き家・空き地のリスク

使用していない空き家・空き地を放置することには、以下のようなさまざまなリスクが伴います。中には重大なトラブルや事件につながるリスクも。こういったリスクを回避するためには、適切な空き家・空き地管理が必要です。

住環境の悪化 管理されていない家・土地では雑草・庭木が伸び、害虫の大量発生を招く可能性があります。また、ネコ・ネズミといった動物が住みつきやすい環境になり、衛生面の悪化につながります。
第三者による犯罪 使用されていない土地・家は、放火、窃盗、不法侵入などの犯罪を招く可能性が高まります。
経済的負担の増加 使用していない家・土地にも、固定資産税がかかります。
建物所有者の工作物責任発生 強風で散乱・落下した敷地内のゴミや建物の一部が、隣地や通行人に害を及ぼす可能性があります。
資産価値の低下 放置による建物の劣化、風評被害によるマイナスイメージなどが、資産価値の低下を招きます。

空き家・空き家のリスクは「管理」で軽減できます

空き家・空き家のリスクは「管理」で軽減できます

「雑草が近隣の迷惑になっていないか」「侵入者がいたらどうしよう……」。こんな空き地・空き家のお悩みは、きちんと管理を行うことで解消できます。地元の不動産業者に管理を任せておけば、遠方に住んでいる方でも安心です。

空き家・空き地管理のメリット
草刈り 空き地・空き家の草刈りを行いますので、近隣からの苦情や風評被害によるマイナスイメージを防ぐことができます。
トラブル回避 景観維持や看板設置などによって「管理している」ことをアピールし、犯罪やトラブルを遠ざけます。
建物の維持 定期的なチェックと必要に応じたメンテナンスを行うことで、家屋の状態を維持。老朽化や水道管のサビ、シロアリ被害などについても、早期発見・早期対応が可能となります。これは、修繕費の削減にもつながります。
資産価値の維持 家屋・土地の状態を良好に保つことは、資産価値の維持につながります。

Pick Up!-空き家・空き地にかかる税金-

たとえ使っていなくても、家や土地を所有しているだけで「固定資産税」と「都市計画税」が課税されます。各税金の課税標準額は市町村によって異なり、都市計画税については課税されない地域もあります。

住宅地用の土地にかかる税金の減額について

住宅地用の土地にかかる税金の減額について

全国的に空き家の増加が問題となり、平成27年に住宅地用の土地の税制改正が行われました。

改正前 改正後(現在)
固定資産税:最大1/6の減額
都市計画税:最大1/3の減額
特定空き家に指定された場合は減税なし

改正前は、更地にするよりも建物を残しておく方が、税金負担が軽く済む場合がありました。しかし、改正後の現在は特定空き家に指定されてしまうと、土地にかかる固定資産税の優遇措置が適用されません。

特定空き家とは、市町村の調査によって適正な管理がされていないと判断された物件のこと。屋根・壁などが修繕されておらず倒壊の恐れがある建物、人の出入りがないため不審者の住みつきを招きそうな建物などが想定されます。

今後は、指定空き家の減税処置撤廃も踏まえて、管理や売却といった空き家・空き地対応を検討する必要があるでしょう。